FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国反日デモについて・・・・・・その②

 2005年に起きた反日デモが今回の反日デモと似ていると前述したが、この時の赤坂春和氏の原因分析が今回の反日デモを分析するうえで非常に役立つ。 (歴史認識問題)
  中国側の反日感情の背景には日中二国間に存在する諸問題が考えられる。中でも最も深刻なのが歴史認識問題である。「一般の中国人は、日本人は歴史を直視せず,過去の過ちを悔い改めない国民である。]と認識している。 私は、これにはたくさんの誤解があると思っている。(2005年、世界6月号赤坂春和氏の論文より)       私が高校教師になっての最初の赴任先は花岡工業高校(現大館工業高校)であった。花岡、では、戦中、花岡事件とよばれる事件があった。中国人捕虜虐待に耐えかねて中国人が蜂起した大事件があり、多くの捕虜が死亡た。 戦後花岡では、地域の方々が参加し亡くなった方々の供養祭を行い、戦争によって二度とこのようなことが起こらないよう不戦の誓いをし、中国人の捕虜の方々も時々参加してきた。残念ながら最後の生き残りの中国の方も最近なくなられた。このように日本国民は決して過去の過ちを反省しない民族ではない。
 もちろん、恥ずかしながら反省しない人もいることはたしかであるが・・・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

狐崎としろう

Author:狐崎としろう
仙北市市議会議員 狐崎としろうです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。